「忍辱」

我慢することではありません。
「これが私」を用いず、出てきた事実そのままに行ずる消息です。
「そんなこと分かってるけど、できなくて苦しんでるんです。」の思いのまま、
「そんなこと分かってるけど、できなくて苦しんでるんです。」を言わず、
ばれないように隠して、必要な「仕事」にもよおされるのです。
「こんなに苦しんでるのに、このブログは癒しがない。」の思いのまま、
「こんなに苦しんでるのに、このブログは癒しがない。」を言わず、
ばれないように隠して、必要な「活動」にまかせるのです。
合掌低頭






スポンサーサイト
.21 2017 あるがまま・如如 comment0 trackback0

「頓治」

以下は、聞き伝えされた話にもとづきますので多少正確さを欠くかもしれません。
「心臓神経症」で苦悩され三聖病院へたどり着いた方がおられた。その方は呼吸一つ一つ自力でリズムを整えていかないと心臓の激痛を伴う発作とともに、動きが止まってしまうのではないかという「不安」が増し、「胸痛・息苦しさ」が絶えず続いて「苦悩」しておられた。
普段忘れられている呼吸を意識してコントロールしつつ、痛みに耐えるだけで精一杯だったそうです。
第3期に入り、直日さん(入院生活の作業を掌る役割)から、台所で熱湯を入れたバケツをもらい集会室に運ぶ作業を言い渡されました。
「睡眠不足」で「胸痛」も激しさを増す中、ご本人はそんな「重労働」をしたら確実に死んでしまうと思えたそうです。「作業」前、家族に電話で最後の別れを涙ながらに告げたそうです。
せっかく入院したのだからと、仕方なく、「作業」に臨んだということでした。
台所で、食事係のおばさんにバケツの熱湯を入れてもらい、火傷しないように気をつけて持って行きなさいと注意されました。しかし、ご本人には耳に入らなかったようで、それを見かねたおばさんにもう一度厳重注意されました。その方は、今度は注意された通り、慎重に四方八方に気を配り熱湯を運びました。
無事作業が終わると、「大変だ呼吸のリズムを忘れていた」と気付き、我にもどってみると、絶え間なく続いていた「胸痛」が、「息苦しさ」が、すっかり消滅していたというのです。
「思い」もよらない、うれしさのあまり、すぐにまた家族に電話連絡したそうです。
かように、「頓治」するのは、「神経症」が「脳の病変・故障」ではないからです。
合掌低頭






.14 2017 他の療法との違い comment0 trackback0

「事実唯真」

釈尊・祖師方の言われたこと、宇佐先生が言われたことは、事実ではありません。
「何っ」と思われましたらご注意ください。
合掌低頭






.07 2017 他の療法との違い comment0 trackback0

「恐怖突入」-4

「それまで逃げておられたのにその日は違ったんですね。」と申すと、
「その日の掃除当番の女性が、症状は不潔恐怖ですかと聞いてきたんです。それで、知られるのが恥ずかしくて、強がって平気を装ったんです、実は。」
「それでも、掃除を始めるのは大変だったでしょうが、どうしてできたんですか。ふりかえるときっかけは何でしたか。」とお聞きすると、
「便所はもう一か所あるから、急いで、長靴を履いてと言われたのです。とりあえず、履いたらもうその後は、今思い出すと、勝手に動いていたんです。」
そして、「恐怖に突入する勇気はなかったんですが、成り行き上、つられて便所には突入できたんです。ですから、きっかけは長靴ですかね。」と言われ、
さらに、「今でも恐いものは恐い。汚いものは汚いは変わってないけど、恐いものを恐くなくなろう、汚いものを汚く感じないように大胆に平気になりたいというそれまでの私の課題を解決しようとすることを忘れて、恐々やっているうちに汚いところをきれいにする工夫が入院中楽しくなりまして・・・」と言われた。
「恐怖突入」が宇佐療法で言われないのは、繰り返しですが、「恐怖」を実体として認め、認識された「恐怖という名の概念」を「実物」と錯覚して、「虚構の中で克服するという工夫」・「心の用事」から離れて、「事実生活」に「工夫」していただくためです。
そういうことかといって、「自分」にあてはめて「自分」を用いていくことをなさらないように。
ただ、「生活上の必要」にもよおされていくのです。
合掌低頭







.30 2017 他の療法との違い comment3 trackback0

「恐怖突入」-3

三聖病院を退院された方で介護職の方がおられた。三省会で話を伺った。
お仕事は主に食事・排せつ・入浴介助。入院前、この方は不潔恐怖で便所掃除があることから何年も入院をためらっておられた。結局入院されたが、第3期の便所掃除の当番を言い渡されると腹痛を理由に逃げ回ったそうだ。ある日、人数が足りないということで、駆り出され、しかたなく、言われるとおり、恐々、向かった。それが、面白い事に、退院する頃には便所掃除の工夫が楽しくなり、なんと毎日志願して便所掃除をしたそうだ。介護の仕事では糞尿に触れることもあり以前の自分から想像もつかないと言われた。
その話を聞いておられた人が「勇気だして恐怖突入したのがよかったんですか。」と聞くと、
「いや、勇気どころか、とにかく、もう一人の掃除当番の人にやり方教えてもらうため便所につられて入ったんです。そこからです。」と言っておられた。
そういうことです。
合掌低頭






.23 2017 あるがまま・如如 comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター