事実が考えより先

「真を求むることを用いざれ、ただ、すべからく見をやむべし」(信心銘)
真実にあるのに、考えを用いて「他」を求めるから、「脱線」する。「真」のところを「治り」「救い」「悟り」とおきかえてもよいです。「理想の目的地」をどこかに求めようとする考えを起こして熱心に歩けば歩くほど離れるようなものです。「理想の目的地」を考え、求めることがやむと、もともと、すでに、そこだったんです。

一般の療法・修行は、事実より先に考えを先行させるんです。
「自分」を認めその「自分」の考えを「自分」に応用して「自分」を中心にして持ち運んで、練習訓練を積み上げて、立派なものに育て加工するようなことをやっているのです。
治そうと救われようとすること自体が、治らない・救われない「苦悩」を、みずから、作り出している事に気がつかない。
そういうことが(結果として)やめば、「治る」という考えでくくられる以前「救い」という考えで限定される以前のもとの状態のまま。その問題提議以前の状態を、言いようないので、しばらく、「全治」「救い」とか呼んでいるだけです。
言葉・考えでくくられる前を、「あるがまま」とか「事実」とか、仮に呼んでいるんです。

「迷い」は、概念化による。
「私」、「私」流の考え・見方が出ても、使わないのです。結果として。

そうかといって、「私」、「私」の考え・見方を離そうとすると離れないことがある。
その考えを「自分」にそれを応用して、「自分」を取り扱うから。「自分」対「自分」になるから。
ですから、事実の方から、動かされ、主語もなく、対象語もなく、ただ、状況に応じた、活動があるようにまかせていくのです。

合掌低頭









スポンサーサイト
.30 2014 他の療法との違い comment9 trackback0

「神経症の全治」-2

ここで言う「全治」とは、「治らないこと」の反対語ではありません。
「治る」・「治らない」の以前のそのようにある様子です。それを「全治」と表現したのです。
「生活」で言えば、「いろいろな用事、仕事、勉強」で「忙殺されている状態」です。
文字通り、「心」は亡くなり、「これが自分だ」の「自分」は(もとより)殺されています。
合掌低頭





.23 2014 全治 comment0 trackback0

「生死」という苦しみ

「生死」という苦しみに迷うということは、
(生死という)事実に迷うのでなく、
「生死」という考えに迷うのです。


合掌低頭






.16 2014 あるがまま・如如 comment0 trackback0

分かっても治らない

「このもの」を固定した実体あるものと対象化し認めることによって「私」が立ちあがる。「神経症の私」という概念化によって「私」という思い込みが起きる。・・・
「神経質によるとらわれ」においては、そういう「自分」の説明=事実と錯覚しているんです。
さらに、「その場・その時」で始まり終わっていたことが、「自分についてのストーリー」としてつながってしまうのです。
事実から離れた「言葉・概念」がひとり歩きして、葛藤し苦悩が生じます。
「神経質によるとらわれ」が、「言葉・概念」=事実と錯覚し、「自分についてのストーリー」とすると、「言葉・概念」のないところに、「神経質によるとらわれ」は、成立しえないんです。

「分かっても治らない。」とよく聞きます。
「言葉・概念」に置き換えられた答え・分かったことは、説明であって、事実それ自体ではない。
「言語道断」とある通りです。
そして「言語道断」自体も説明概念。このブログも同様。「自分」を認め、それらを「自分」に応用しない。

「見解」を起こす前の、眼前事実に徹する。生活にもよおされる。
(即、「治る・治らない」あるいは「とらわれてる・とらわれていない」の「見解」から、知らずに、離れておる=「全治」)

合掌低頭





.09 2014 全治 comment7 trackback0

「平常心」

「平常心是道」の「平常心」とは、日常生活の営みすべてです。この場合の、「心」は、「はたらき・動き」をいいます。「心意識」で言えば、あり合わせの「心」の状態です。
不安の時は不安が、「平常心」。安心の時は安心が「平常心」です。
政治家やスポーツ解説者の誤解する「冷静な心境」という意味の「平常心」ではありません。
「心に良し悪しなし」です。
「状況」にもよおされ「日常生活」を営まれることそのものに「全治」があるのです。
合掌低頭






.02 2014 あるがまま・如如 comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター