「私」の「煩悩」

「このもの」を「私」とするから、「問題」となるのです。
「私」がすべてコントロールしていかなくてはならなくなります。
「私」の「良し悪し」で「良い方」をとり、「悪い方」を排除しようとするのです。
「煩悩」を、「私」の「煩悩」と認識し、「私のもの」と決めこむから、「煩悩つくっている私」を
改造しようと「葛藤」するのです。
合掌低頭




スポンサーサイト
.25 2015 他の療法との違い comment0 trackback0

「これが私だ」

修行者「なぜ、申し合わせたように、皆が皆、(「これが私だ」という)「自我」を持ち合わせているのでしょうか。」
老師「名前がついたからです。」
合掌低頭




.19 2015 あるがまま・如如 comment0 trackback0

「リラックス」

「リラックスしよう」としない。
「自分」「心」を認めて、目的にしないことです。
合掌低頭





.10 2015 他の療法との違い comment23 trackback0

「作り事」しない

ある仏教系大学の先生の「仏教問答」から
「坐禅をすれば、即坐に我々は自分達の気持 ちを正しい状態に置く事が出来るのですか」
「そうだ。坐禅をやりさえすれば、それを始めた瞬間から、我々は我々の心を仏教が最高と考えている状態に持っていくことができる。」

>坐禅をやりさえすれば、、、
「坐禅」は「坐禅」なり。

>気持ちを正しい状態に置く
>心を仏教が最高と考えている状態に持っていく
「正しい状態」「仏教が最高と考えている状態」を「考え」の中で「作り事」をして、そうなろうと「虚構」の中で努力するから苦しむのです。
そうではなく、
「不安」の時は「不安」。「安心」の時は「安心」。「こわい」時は「こわい」。「とらわれ」の時は「とらわれ」。・・・「その時」の「その場」の「心意識」のまま「生活」です。
合掌低頭




.03 2015 あるがまま・如如 comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター