「心の用事なし」-2

「森田理論」の「症状はあるがままに受け入れてなすべきをなす」ですが、
「症状はあるがままに受け入れて」というところが「心の用事」になるのです。
「心」のことは、一切、「何」もしようとしないで「よい」のです。
「結果」として「そのまま」になるのです。
「結果として」の「結果」とは、「いきなりぶっつけ本番の外向きの生活活動の結果」です。
「結果」と言っても詳しくは、「外向きの生活活動」即「そのまま」です。
「心」に何かしようとしたことに気づいたら、手をつけず放って「外向きの生活活動」。
ですから、「安心」して「生活上の必要」にもよおされるのです。
合掌低頭






スポンサーサイト
.16 2017 他の療法との違い comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター