「神経症」は、だんだん治ることはない

「現実を抜きにして、治る時はありませんので、そうであればこそ、森田先生も前の院長も、治った人としての生活をさっそく始めるようにと、こう言われたんですね。ですから、治すという段階を一挙に飛び越えるのです。だんだん治るという予測の下にいろいろ工夫された事柄は、全く脱線ということです。」 (宇佐先生講話より)
合掌低頭






スポンサーサイト
.13 2015 他の療法との違い comment2 trackback0

Comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.07.17 17:08
(7.17 17:08)様へ
ありがとうございました。不識
2015.07.20 00:55

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miroku18.blog.fc2.com/tb.php/103-0516dc6a

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター