「事実生活」

このブログで、へ理屈するのは、「自分」説明「自分」作業していただくためではありません。
観念生活でない「事実生活」の徹底していただくためです。
事実というのは、観念化された「事実」ではありません。
ドンと音がした時、良い音か悪い音かなどと「考え」が出る前の、ドンの状態です。
ちなみに、その後、「あれは嫌な音だ」という「思い」が出てもかまいません。
合掌低頭






スポンサーサイト
.07 2016 あるがまま・如如 comment19 trackback0

Comment

ただいま
不識さん

老師が「これです」と扇子を机にバシッと叩きました。

老師「初参の人にも古参の人にも同じ音に聞こえます」

初参の人「バシッ・・・?俺にも同じ・・・?」

と思う間もなく老師は話しています。

事実とは、老師が話していることです。その内容は関係ないです。

バシッ!のあと「昨夜のカレーは美味しかった」と言っても同じです。

自分の目の前の様子が「事実生活」です。

徹底してまいります。


ただいま

2016.11.09 12:29
三省っ子
対人は、克服できたように思います。

といっても、これを書くこと自体自分が出てきていますが...

今後も歩んでいきます。

今は、もう一つの観念が邪魔をします。

雑念というか、不全感をよく引き起こして悩みました。

今はそこまでではありませんが、いろいろなことが浮かびます。

浮かんだまま、目の前の事実に徹する。

でもあれこれ浮かんでやはり苦しいです。

でもふっと、今やることはこれだし、するしかない、とできることしています。

それもわかればいいですが、何もかもが浮かんでそんな中で、何とか過ごしています。

時々、それで生きるしかないと思います。


2016.11.09 16:45
ただいま様へ
ご承知のように分かったことは分かったこととして、分かったことから離れて、「状況環境」にもよおされて活動・行動があるということです。
分かったことを掲げて「自分」を立てて「自分」を持ち運ぶことではないですね。
よろしくお願いします。
合掌低頭、不識

2016.11.13 23:04
三省っ子様へ


>克服しようとするから

問題を自ら起して自ら苦しんだのです。

>邪魔になる
>不全感引き起こして悩み…

相手するから邪魔になり悩む、相手しなければ悩まない。

>できること

できるできないはやってみないとわかりません。
やる前に言葉で限定しないことです。

>それで生きるしかない

何か他に、よい方法をお探しなんでしょうか。
探すのをお休みになってください。
そして、「損得難易」で限定なさらないで、必要に応じて活動があるんです。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2016.11.13 23:13
三省っ子
ありがとうございます
2016.11.14 08:32
三省っ子
必要に応じてというのが私にはわかりにくいときがあり、すべてが同じように見えたりします。

その時できることをしています。
2016.11.14 16:51
ただいま
不識さん

>分かったことから離れて、「状況環境」にもよおされて活動・行動があるということです。
分かったことを掲げて「自分」を立てて「自分」を持ち運ぶことではないですね。

「分かった」があれば「分からない」があります。

「状況環境」にもよおされて、とは、その時の様子と言うことですね。

カレーを食べる時に思いが浮かべば、その様子

「あ、カレー食べてる時には、カレーだけだ。これじゃいかん」と自分を立てて、

自分を持ち運ぶでななく。

「これじゃいかない」なしの「今の様子でよい」

>その後、「あれは嫌な音だ」という「思い」が出てもかまいません

それが今の様子です。

>>徹底してまいります

確かに、これも不必要です。

すでにすべて「良い」ですから、今さらすることは無いわけです。

ただいま

2016.11.19 06:37
三省っ子様へ
>必要なこと

宇佐先生の言葉で申し上げますと、「最も急がれること」です。


>できること

できそうにないと思われることでも、(他の力を借りことも含め)しなければならないことが生活上ありますね。しなければご本人が困ることになることです。そういう場合、無理にでも、しなければなりません。

そういう場合、「できる・できない」を論ずる余地はないですね。そういう話をしているとお受け取りください。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2016.11.20 00:02
ただいま様へ
>今さらするわけではないです

しないわけではないのですが、「私」を用いないということです。

>>分かったことを離れて

ただいまさんは十分わかってらっしゃいます。
ですから、
今回のただいまさんの書き込んでいただいた「分かったこと」を離れるということです。
「ただ」「今」「徹底」「真実を求めて」もなく、するということです。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2016.11.20 00:14
三省っ子
ありがとうございます。

必要なこと、できることは、すでにできています。

それ以上のことを多く望んでいることに気づきました。

解っていたつもりでしたが....

とてもシンプルに思えました。

気づきはここまでで置いて、日々を歩みます。





2016.11.22 16:37
三省っ子
一つの観念がなくなっても、もう一つの観念があると聞いてました。

対人は、成り行きに任せてどうにかなてしまい感じないです。不安もほとんど感じないです。

でも、雑念は浮かびます。

これも同じように、その時その時、そして日々を歩むだけだと思いますが、比較したり観察している自分がいます。

考えずに不問、と思っても億劫であったり、構えている自分がいます。

年末は特に、あれこれすることが迫ってきてます。

いざやり始めると、以前のような辛さは楽になってますが..



2016.11.24 07:37
三省っ子
事実とは

目の前のことが起こっているだけ

たったそれだけのことだった。

それをあれこれ思っていた。それすべて神経症だったになりました。
2016.11.26 20:17
三省っ子様へ
>それ以上のことを望んで

「自分」以外のこと、「外のこと」は欲張ってけっこうです。

>気づき

そうですね。気づきは、気づいたら大事に取っておかないように。


>不安
>雑念

不安を感じて健常です。
雑念を感じて健常です。

>考えず不問

不問とは、考えても考えなくても、心を相手にしないということです。
つまり、実際は、外向き生活ということです。

>…の自分がいる

そういう「自分」が出たら出たまま、相手にせず、することをするのです。

>辛さは楽になった

辛い時はつらいで終わって、楽な時は楽で終わってるのです。

>あれこれ思っていた。それすべて神経症だったになりました

説明が足らないのでよく分かりませんが、…
何が思われようとかまいません。思うことだけでは神経症にはなりません。

神経症は「これが自分だ」というように自己概念化し自己観察するる事から葛藤が始まり葛藤することで始まります。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2016.11.27 22:03
三省っ子
ありがとうございます。

自分以外というのがわかりにくくって

いろんな物事に欲望が強いです。

でもどうも気になることはいつも出てくるので、囚われだと思います。

体調などがありすぐに外向きにならないです。

そんな時は、浮かびっぱなしで、でも浸っています。

別に動かなくてもいいんだと思いますが、いつの間にか浸っている、浸らされています。

どうしたらいいのでしょう?

今までは、よく体を動かして、散歩する、家事をする、子供のことをする(夕食は子供の好きな料理を頑張って作ってあげる)など...

でもちょっと疲れてきました。
2016.11.28 20:50
三省っ子
自分の投稿を読み返し、少し甘えているように思いました。

行動するがいいと思っているようです。(知らず知らず)

不問は難しいです。

考えずに必要に応じて、自然に任せるがどこかでぎこちなくなっています。
2016.12.07 09:01
三省っ子様へ
>行動するがいいと思って

行動するがいいと思っても、行動しないがいいと思っても、「考え」に関係なく、行動する時は行動する。

>不問は難しい

考え方で行くと難しくなります。
「自分」に向けた以外の「外向きの生活」することが、(結果として)不問です。

>考えずに

結果としてそうなると良いのですが、考えないようにすると(そのこと自体が考えですから)いけませんね。

>ぎこちなくなっています。

ぎこちなくとも、必要なことをなしたらそれで満点です。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2016.12.11 23:30
三省っ子様(11.27 22:03 )へ
> 対人は、成り行きに任せてどうにかなてしまい感じない

このように、「自分」を認め、観察して、 「対人(恐怖)という症状(の自分)」を認め、文字起こし(概念化)しないことです。
言い換えれば、神経症再起動のスイッチを自ら押さないことです。

ちなみに、
「対人(恐怖)という症状」が治った・治らないともに、治っていません。

なぜなら、
「対人(恐怖)という症状が治った・治らないの世界」にいるからです。

繰り返しますが、
「外向き生活」の最中に本人知らずに治っているのです。
(=神経症を自ら作り苦しむことが止んでもとにもどった健常状態)


>いざやり始めると、以前のような辛さは楽になってます

そうです。続けてください。

「楽になってます」は何故か?
やり始めると、「自分」を認め、観察して、 「対人(恐怖)という症状(の自分)」を認め、文字起こし(概念化)するヒマがなくなるからです。

以上、理の上ではっきりしたら、理屈は忘れて、単に、生活上の工夫をするのです。
そして、後は、このような掲示板で思想世界で遊戯をしないで、実際生活だけです。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2016.12.11 23:42
ただいま
不識さん

>>(ただいまの記事)「状況環境」にもよおされて、とは、その時の様子と言うことですね。

と、いまさら説明をするものでなく、

朝起きて、ご飯食べて、寒いな~と思いながら家を出る。

すれ違った女性に「きれいな人だな~」「ブスだな~」と思い

そんな時「ブスなんて思ってはいけない・・」と湧けば

そのまま 会社へ急ぐ・・・

>今さらするわけではないです

 しないわけではないのですが、「私」を用いないということです。

明日が、勝手にやって来る。その生活


>>>分かったことを離れて

ですから、
今回のただいまさんの書き込んでいただいた「分かったこと」を離れるということです。
「ただ」「今」「徹底」「真実を求めて」もなく、するということです。


寝ていても、明日は来る。座禅していても、明日は来る。

生活がある。働かないと食べて行けない。

ただいま

2016.12.12 16:02
ただいま 様へ
>いまさら説明をするものでなく

とおっしゃるように、
繰り返しますが、・・・
ご「自分」の説明はおやめになって、単に、無言で行ずることをおすすめします。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2016.12.19 00:20

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miroku18.blog.fc2.com/tb.php/171-87844bb0

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター