「煩悩即菩提」-2

「宇佐療法」は治さない「稽古」をします。つまり、いきなり「実生活」がはじまるのです。
「縁」によって「悩み」や「不安」は出てきますが、それが「神経症」になるかならないかは、
それらを「病気」と見立てるかどうかで決まります。
「病気だ」と見立てれば治さなければならないとなり、治そうとすればするほど苦しみます。
「これが自分だ」「私流の見方」を忘じないか忘じるかによって、あるがままの事実は「煩悩」になるか「菩提」になります。
忘じようとしてはいけません。つまり、いきなり「実生活」がはじまるのです。
合掌低頭








スポンサーサイト
.06 2017 他の療法との違い comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miroku18.blog.fc2.com/tb.php/184-68329f6a

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター