「努力即幸福」-3

「作業即幸福」と院長先生は具体的に言われた。「外向き」の「作業」「活動」「生活」は治すための「手段方法」ではなく、「結果」です。「全治のすがた」です。
「神経症の全治」と言ってもカルテ上そう仮に呼んでいるだけです。「客観的障害・器質性障害の全治」のように「客観的症状」があってそれを回復させたというのとは別ものです。
「内向きの、自分対自分の作業」がその時止んだということです。言い換えれば、「虚構」の中で「神経症」を、その時、みずから、作り上げなかったということです。
事実から言えば、その時「作業」「活動」「生活」があったというだけのことです。
合掌低頭







スポンサーサイト
.06 2017 他の療法との違い comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miroku18.blog.fc2.com/tb.php/188-90306a97

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター