「心の用事なし」-5

世界の「精神療法」で唯一、「自分」「心意識」を観察しない用事しない「療法」です。
繰り返しますが、「心の用事なし」の実際は「外向きの生活活動」です。
「外向きの生活活動をすればよいのだ」と「分かったこと」を「自分」に応用し取り扱わない。
「取り扱っている」と気がついたら、そのまま手をつけない「単に外向きの生活活動」です。
この「瞬間」この「瞬間」始まり終わるのです。
『「単に外向きの生活活動」ということも忘れて「単に外向きの生活活動」ですよ』と聞いて、「忘れること」ができない時は「忘れること」ができないまま「単に外向きの生活活動」です。
この「記事」に留まるなら、「考えに翻弄される神経症の世界」」から一歩も出られません。
「生活上の急がれる必要」があれば、とりあえず「道具」を手に取るのです。
合掌低頭






スポンサーサイト
.13 2017 他の療法との違い comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miroku18.blog.fc2.com/tb.php/211-a7e4e7f0

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター