ある僧侶の話

カッコ内がこの僧のメッセージで、コメントさせてもらいました。

>「自分に対して仏教を処方する、癒す」
これはおすすめしません。十分ご承知でしょう。

>「怒りを観察してそれをスル―する」
観察してスルーしようとする分、余計なことです。スルーしようという時(認識した時)には、それ自体もう過ぎ去っているのです。「怒りそのまま、怒りと一体にある」ことと「怒りの行動」に出るということは別です。「心」は怒っていて、それに関係なく、「行動」はその場に応じて必要な事をすることでよいのです。「心」と「行動」が不一致だと ロジャーズ派のカウンセラーに反論されるかもしれません。「状況に応じた行動」ができていれば問題なし。実際は、「行動」した瞬時、「心」も同期してしまうのです。

>「認められたいをやめませんか」
「承認欲求」をやめる前に、「承認される自分」を認めないこと。「欲求」をやめようというのは「欲求」にふりまわされているんでしょう。やめようとすると「心の用事」になり、「自分」対「自分」の葛藤になります。ですから、「欲求」を使ったらよいのです。

合掌低頭



スポンサーサイト
.24 2014 他の療法との違い comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miroku18.blog.fc2.com/tb.php/70-72f41999

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター