無事

ある摂心の時の独参で作法に従い、老師の前で礼拝をしました。
礼拝が終わるやいなや老師は、「あなた、何に礼拝したんですか。」「言い換えますとね、、、礼拝した対象はありますか。」と言われたのです。

合掌低頭



スポンサーサイト
.15 2014 あるがまま・如如 comment6 trackback0

Comment

ミカン
はじめまして。

以前、三聖病院さんのところでお世話になった者です。

礼拝の対象は頭の中にあるかもしれないですが、実際に目の前にはない。
頭の中に描いているのを実際にあるように考えて、礼拝しているということでしょうか?
2014.12.16 12:56
ミカン様へ
>以前、三聖病院さんのところでお世話になった
外来ですか?入院ですか?

>実際に目の前にはない。
どういうことですか?

合掌低頭、不識
2014.12.21 21:35
ミカン
不識様

ありがとうございます。
入院でしたが、何も掴めないまま途中で退院致しました。

目の前にはない

頭の中で、こうだろう、ああだろうと考えて作り上げたものに向かって礼拝していて、実際にあるものに対してではないのかと思いました。
説明不足ですみません。

2014.12.22 10:00
ミカン様(12.22)へ
>入院でしたが、何も掴めないまま途中で退院致しました。

何も掴めないままとは、どのようなことか教えてくださいますか。

>目の前にはない

「ある」とか「ない」というのは、考えなのですね。
「対象はない」とは、不変の実体としてそれをつかむことができないということと受け取ってください。
同時に、「こういう自分だ」の「自分」もこれだと決めつけることができない(=ない)ということです。

この場合の「ない」は、「ある」「ない」で分けられる以前の状態です。

言葉で言うと難しいですが。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2014.12.23 23:42
ミカン
不識様

〉何も掴めないまま

全治の感覚のようなものでしょうか。

ありがとうございます。


2014.12.24 16:45
ミカン様へ
「何も掴めないまま」というのは結構です。
しかし、
「全治の感覚のようなもの」ということが残ってはいけません。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2014.12.29 15:43

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miroku18.blog.fc2.com/tb.php/73-fe89901b

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター