「不満足の満足」

「不満足」にある時、「不満足」にあるまま、ありきる。
そうしますと、「不満足」という状態だけになります。宇宙全体がそれだけになれば比較がなくなり、「不満足」は「不満足」でなくなるのです。
そのような、「不満足」でも「満足」でもない状態が、真の満足と言えるでしょう。

合掌低頭



スポンサーサイト
.23 2014 あるがまま・如如 comment4 trackback0

Comment

ただいま
不識さん

>「不満足」にある時、「不満足」にあるまま、ありきる。


とかく、心は安定を求めています。不安な時は安心したい。

不満足な時は満足したい。腹が立つ時は、スッキリしたい。

条件反射のように、そうなるように行動します。

が、

「不満足」な時、その「不満足」な心を変えようと条件反射のように動く

心を、その「不満足」から変化させるのでなく、そのまま

「ふまんぞく」のままでよし、と外向きに、そのままでいる、ことです。


>そうしますと、「不満足」という状態だけになります


「不満足」を何とかしようとする動きがなければ、「不満足」という

状態だけになります。


>宇宙全体がそれだけになれば比較がなくなり、「不満足」は「不満足」でなくなるのです。

宇宙全体が、と言うところは、良く分かりませんが、「不満足」と感じていた

自分、「不満足だな~」と思っていた、その「不満足」が「不満足」で

ありながら、「ふまんぞく」とは感じない、これは、何とか理解できます。


>、「不満足」でも「満足」でもない状態が、真の満足と言えるでしょう。

この雰囲気が少し分かりますが、まだ、そうなり切れていない、自分でありま

す。

「逃げるのでない」

こんな言葉が浮かびました。

2014.12.26 15:07
ただいま様へ
>これは、何とか理解できます。

理解より、体得ですね。

>「逃げるのでない」
これは浮かんだままにしてほっておいてください。
「逃げるのでない」という「自分」が「自分」に対する「心構え」をお持ちになるなら、それは面白くありません。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2014.12.29 15:48
ただいま
不識さん

すでに外向きであれば、「不満足、満足」でない状態があります。

「不満足」な時に何とかしようとすると、分離が生じます。

すでに、外向き、前へ進んでいれば、湧いたものは自動的に「そのもの」です。

実験しております。
2015.01.06 14:12
ただいま様へ
>すでに外向きであれば、「不満足、満足」でない状態があります。

後でそう気づくのです。
「外向き」最中は、「外向き」「不満足、満足」も分からないのですね。

>「不満足」な時に何とかしようとすると、分離が生じます。

そうです。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識

2015.01.12 22:13

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miroku18.blog.fc2.com/tb.php/74-c7ef0eaa

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター