「わしがあみださまになるんじゃない」


「わしがあみださまになるんじゃない、あみださまの方からわしになる」(浅原才市)
念仏していると「あみださま」が「私の心」に入ってくるというんじゃないですよ。
もともと、「あみださま」だといいたいんです。
ですから、「わし」もない。「あみださま」もない。
「わし」を認めて、「あみださま」を向こうにおいて、近づいてゆくような「修行」をしない。
もともと、「あみださま」というようなところに、そのようにすればするほど「脱線」するのです。
合掌低頭




スポンサーサイト
.15 2015 あるがまま・如如 comment5 trackback0

Comment

ただいま
不識さん

私は妙好人(浄土真宗の素朴な識者)が好きで、何冊も本を読みました。

浅原才一の通ったお寺に行ったこともあります。

でも、最近では、妙好人の詩は難しいと思います。

観念で捉えようとすると、納まりが着かなくなるからです。

自己満足にはいいですが。


記事が少し移動しましたが

>「観念」を相手に用事しないことです。



「観念」の用事をしなければ、自動的に「外向き」です。

「外向き」であれば、自動的に観念の用事をしません。

しかし、「観念」を相手にする。用事をする。

してしまう。


不識さんの ひのきさんへのコメントから


>「考えがわいた」ことは事実ですが、「わいた考えの中身」は事実じゃないですね。

>>「考えがわいた」ことは動いて変化しておるナマの事実ですが、「わいた考えの中身」は概念化された「事実」です。

「事実じゃない」=ナマの事実そのものでない、概念に置き換えられた事実という名の「概念」ということです。

それらは、「法」として「ひとつ」ですが、「別もの」といいたいのです。前者はつかめないそのものの「活動」、後者はつかめたつもりの「情報」。

同じでありながら別、別でありながら同じということです。



「外向き」であれば、その「活動」として、湧いた「観念」は、

自動的に用事なし、です。


用事してしまうのは、「活動」から、つかめたつもりの情報に、立ち位置がなっ

てしまい、「外向き」からズレてしまうからです。

とにかく「外向き」です。
2015.02.16 14:59
ただいま
不識さん

上の文章の

観念で捉えようとすると、納まりが着かなくなるからです。

自己満足にはいいですが。


これは、あくまで、自分で解釈して読めば、と言うことです。
2015.02.16 16:25
ただいま様へ
>しかし、「観念」を相手にする。用事をする。してしまう。

「用事してしまう」ことになったのは、その時、「観念」=事実そのものとしたからです。
事実そのものは動いていてこれだとつかむことができませんが、
暫定的に強引に言葉でつかんでしまったものが「観念」です。
ナマのほっておけば腐る野菜と野菜の写真のようなことです。
「用事してしまう」のは、野菜の写真に調理するようなことになるでしょう。


>「外向き」であれば、その「活動」として、湧いた「観念」は、自動的に用事なし、です。

「自分」以外の「外向き」の観念でしたら、「道具」として使ってかまいません。
注意するように申しておるのは「内向き」の「観念」です。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2015.02.16 17:28
ただいま
不識さん

>「用事してしまう」ことになったのは、その時、「観念」=事実そのものとしたからです。


盤桂禅師
念を重ねて育てず、執着いたさず、起こる念を止めようとも止めまいとも、その念に関わらざれば、自ずから止いで叶いませぬ。仏性は元来不生なものなれば、その不生のままに。その起こる念は、起これば起こり次第取りあわず、育てずにおけば止むより外はおじゃらぬわいの。   

井上義寛老師
なにしろ、ヒョッと起きたら、起きっぱなし。どんな良い事も悪い事も起きっぱなしにすればすぐに終わる事なんです。それが出来るか出来ないか。それをやり仰せて欲しいだけです。 



外向きが出来るか出来ないか。

やるしかない!とやる、と言うより、

やるしかない しかない・・・
2015.02.18 18:41
ただいま様へ
>外向きが出来るか出来ないか。

また、このように問うから、「外向き」でなくなるのです。

手を変え、品を変え、でてくるこういうことをここで、そぎ落としてください。

やっとおわかりになったおっしゃるのですから、後は、「外向き」という説明を語ることはおやめになって、そういう実際だけです。

「外向き」に徹底され、その実際だけでしたら、「外向き」ということがなくなる(「内向き」も同時になくなる)のです。
世界中が「男」だけでしたら、「男」は、なくなるのです。ただいまさんは、よくおわかりでしょう。

そういう実際だけですから、
もし(ご自分のブログの読者以外に)語るのでしたら、
「こういうコーヒー飲んだ。」で十分です。

よろしくお願いします。
合掌低頭、不識
2015.02.23 18:40

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miroku18.blog.fc2.com/tb.php/82-e319a3a0

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター