「喫茶去」

相談者が三聖病院診察室に入ると、先生が深くお辞儀されて迎えてくれ、椅子に坐ると間もなく、お茶が出された。
カウンセリング専門の京大の教授がかつて見学に来た時、「ここはダメだ」と言った。
お茶が出されることでカウンセリングの非日常性がこわされるからという理由からだった。
ところが、挨拶する。お茶が出される。御礼を言う。お茶をいただく。・・・という瞬間、
見事に「これが神経症の自分」対「治そうとする自分」から離れておるのです。
「全治」の現前は、そういう「日常の生活」です。
合掌低頭




スポンサーサイト
.26 2015 他の療法との違い comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://miroku18.blog.fc2.com/tb.php/92-5013f5a1

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター