「強迫観念」

「消そう」「気持ち晴らそう」「気持ち切り替えよう」が「結果として」やめばいいのです。
「苦しみ」は「消そう」「気持ち晴らそう」「気持ち切り替えよう」から生じるのです。
「消そう」「気持ち晴らそう」「気持ち切り替えよう」をやめようとすると同じことになりますのでご注意ください。
知らずに、結果的に、「心の用事」がやめばいいのです。
その「時」その「場」の「生活上必要」することするだけです。
「頭から離れない」まま、「スッキリしない」まま、「割り切れない」まま。
できそうにありませんか?
もしそうなら、「できそうにありません」という「思い」のまま、捨てようとしない一体のまま、
その「時」その「場」の「生活上必要なこと」するのです。
「やる気」あるないに関わらず、「有名作家」のように一行も「書く気」がない時でも
とりあえず、「机」に向かう、「ペン」を取る、それだけでもいいです。
書いてる「瞬間」(結果として、後で気つけばですが)「強迫観念」は出ても気づきません。
「注意」は「同時」に「二つ」に向かないからです。
「強迫観念」あり=「悪い」その他の観念=「良い」に設定し、「悪い」排除「良い」残そうと、
コントロールできない「心」をコントロールしようとするので「問題」になるのです。
なぜ「そのまま」かと言うと、「そのまま」とは、「良し悪し」つけないからです。
「生活上必要」あれば、とりあえず、「道具」を持つのです。
合掌低頭、不識







.10 2017 あるがまま・如如 comment7 trackback0

「ありあわせ」

「心意識」を概念化して、それ(「実際でない概念」)を相手に「良し悪し」をつけ「悪いところ」を「病気」と確信して削除しようと知的努力したことが「神経症」の始まりです。
どれほど「確信」されても、すでに「健常」であり、本来器質的な「病気」ではありませんので
「今の心の様子」の「他」に求めるものはありません。
「神経症」だ「全治」だと仮にそう呼んでいるだけで「実体」はありません。
実際にこの「身心」は迷っていないのですが、「考え」の中だけ「治る」「治らない」があり、
「考え(内容)」と「事実」を混同なさるので「考えの世界」で右往左往しているだけです。
「今の状態」の他に「理想的な自分像」「特別な心境」を求めれば求めるほど「脱線」します。
「不安」の時は「不安」という「全治」です。
「怖い」という時は「怖い」という「全治」です。
「はっきりしない」時は「はっきりしない」という「全治」です。
ですので、「今の心の様子」がどんなであれ「今の心の様子」以外求めない。
「今の心の様子」のまま・「生活上必要なこと」がなされるのです。
合掌低頭






.03 2017 あるがまま・如如 comment0 trackback0

「神経症の全治」ー4

「全治は、三原則とでも言いますか、実証しない、根拠持たない、保証されないのです。」
宇佐先生の「言葉」です。
「知らなさ、分からなさ、決められなさ」です。
証される「全治」、証する「自分」はないのです。
「全治」に実体なく、「分かる」対象でなく「分かる」ことで成立しません。
「治る」「治らない」「神経症の自分」「健常な自分」という「概念」に置き換える以前の、
「生活上の必要に動かされる姿」において「全治」するのです。
合掌低頭






.28 2017 他の療法との違い comment0 trackback0

「神経症の全治」ー3

「心の用事による気づき」においてでなく「実際生活上の必要に動かされる姿」
において「全治」するのです。
「立つものは立つ。坐るものは坐る。これで仏道の修行は終わり。」
良寛さんの「言葉」です。
「特別な事」でない「日常の営み」に徹するのです。
合掌低頭







.21 2017 全治 comment12 trackback0

「心の用事なし」-5

世界の「精神療法」で唯一、「自分」「心意識」を観察しない用事しない「療法」です。
繰り返しますが、「心の用事なし」の実際は「外向きの生活活動」です。
「外向きの生活活動をすればよいのだ」と「分かったこと」を「自分」に応用し取り扱わない。
「取り扱っている」と気がついたら、そのまま手をつけない「単に外向きの生活活動」です。
この「瞬間」この「瞬間」始まり終わるのです。
『「単に外向きの生活活動」ということも忘れて「単に外向きの生活活動」ですよ』と聞いて、「忘れること」ができない時は「忘れること」ができないまま「単に外向きの生活活動」です。
この「記事」に留まるなら、「考えに翻弄される神経症の世界」」から一歩も出られません。
「生活上の急がれる必要」があれば、とりあえず「道具」を手に取るのです。
合掌低頭






.13 2017 他の療法との違い comment0 trackback0
 HOME 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カウンター